特許・商標・意匠や著作権、離婚や相続の法律相談  訴訟 裁判対応は福岡の弁護士 武末法律特許事務所へ

武末法律特許事務所 [福岡] 意  匠 福岡の弁護士 知的財産権

武末法律特許事務所[福岡]

 福岡県福岡市中央区大名にある武末法律特許事務所では、弁護士が様々な法律相談をお受けしています。
知的財産権や離婚、相続、交通事故、税務、建築、債務整理、遺言等に特色をもつ少数精鋭の個人タイプの法律事務所です。


 お気軽に、お電話でご相談・ご予約ください。
 電話・・福岡 092−714−4554(代)

〒810-0041
福岡市中央区大名2丁目10番1号シャンポール大名A1007号

弁護士弁理士 武末昌秀  


意       匠

  道路基準点事件  

  
 大阪地方裁判所知財部・平成20年(ヮ)第8761号事件

   平成22年8月26日判決(原告=勝訴)
http--www.courts.go.jp-hanrei-pdf-20100831152311.pdf
クリックして下さい。
   (争点)意匠権侵害・限界利益の範囲・労賃と変動経費

  意匠権の類似が認められ、

損害論として法39条1項(特許法第102条1項)の単位数量当たりの
利益の解釈論。 

限界利益説に立って、固定給与の従業員の労賃が変動経費か固定経
費かが争点の一つであったが、

新法の解釈基準について、東京地裁と異なる基準であり、東京地裁の
判示内容と比べて、理論的根拠根拠が必ずしも明らかではなく、説得力ある説明もなく(東京地裁知財部と比較して、この争点の解析は数年遅れている様であるが)、少し雑な感じがする判示内容である。
ともあれ、原告は被告に対して勝訴判決を得て、市場における周知活動をの手段とすることを目的としているするため、満足して、確定する見込み。

 

 

 

 


ページTOPへ


武末法律事務所 リンク

福岡で特許事件に対応出来る法律事務所 武末法律特許事務所 弁護士・弁護士事務所のアロット弁護士 福岡 武末法律特許事務所 平野特許事務所
MAX PLUS 弁護士相談所 福岡 武末弁護士
日本弁護士連合会 福岡県弁護士会 最高裁判所 知的財産高等裁判所へのリンク
特許庁 幽谷庵 武末弁護士のホーム

その他のリンク


TOP経歴スタッフ特色取扱業務費用知財訴訟実績知財訴訟基礎知識

離婚の慰謝料|  債務整理|  アクセスサイトマップ

時間外相談予約フォーム

Copyright(c)2006,Takesue Law-Patent Office,All right reserved


武末法律特許事務所 携帯サイト

福岡の弁護士事務所 武末法律特許事務所

〒810-0041 福岡市中央区大名2丁目10番1号シャンポール大名A1007号 092-714-4554

福岡の 離婚・相続の 法律相談 調停 裁判 知財訴訟対応は 実績豊富な 弁護士武末昌秀へ